リネIIプレイ日記


by QuentinTarantino

初生贄、しかし・・・

ソロでマターリと狩ってたときのこと。
「どなたか助けてください」という叫びが。
近かったので駆けつけてみたら、その方、地面に埋まってるではありませんかw
リザしてあげたら、とても感謝してくれました^^
で、再びソロ再開で最初に倒したモンスから現物がポロリ・・・
「タイツシャツ」なんていうゴミ品ではありましたが、店売り10kだし、いいことすればいい出来事がおきるんだ~なんて感心しちゃいました。

さてリアルで仕事を終えてインすると、さっそくクラメンからPTのお誘いが。
生贄とかいうところへ行くとのことです。
パーティマッチでよく見かけてましたが、果たしてどんなところでしょうか?

到着してみると、人がイパーイ・・・
露営と同じく、人気のスポットのようですな~

¥を掛け終えて、さて出発、というところに、野良のネクロさんがPTに入れて欲しいとのこと。
明らかにレベルの高い方ですが、同行して頂くことに。

空き部屋を見つけて、さあ狩ろう!とした矢先、ものすごい数のモンスが怒涛の勢いで押し寄せてくるではありませんか!
唖然とするタラ。
とりあえず身じろぎせずじっとしていました。
MPKのようです。
ふとゲージを見ると、野良のネクロさんのゲージがヤバス・・・
急いでヒールを試みましたが、い、いない・・・

あ、あぁ、、、、

不運なことに遺品の盾を奪われてしまったとのこと・・・
MPKに動揺してどう対処すればよいか判断できなかった自分の不甲斐なさに腹立ちました。しかも最悪の事態を招く結果にもなってしまい・・・

その後もMPK被害者続出で、なんと恐ろしいところだと実感。
わざわざMPK開始の合図までする愉快犯がフツーに存在してるんですね・・・
同行していたジゲンさんとリルさんがメインになって駆けつけてくれましたが、その頃にはMPKerの被害も沈静化していた模様。怖いですねぇ・・・

何とか全員が合流でき、狩りを再開。
経験地は確かに美味しいです。
が、ヒールの掛け方が下手で、MPをすぐ枯らしてしまいます;;
暗唱時間の速さとHP増加幅からバトルヒールを多用する癖があって、それがMP切れの大きな要因なのですが、ももさんに聞くと、普通のヒールをタイミングよく掛ければいいとのこと。あいにく普通のヒールはスキルアップを怠っていて、バトルヒールよりも威力が50ほど低くなっていました。戻ったらスキルレベルを上げておかなければ・・・
しかし、タイミングに関しては難しいですな。HPゲージが2人同時に減っていくと迷います。PTが囲まれた状態でヒーラー1人の場合が難しいですね。

嗚呼、修行が必要だ;;
[PR]
by QuentinTarantino | 2005-11-09 10:59